ホーム > くらし・環境 > 自然保護 > 野生生物 > 大型野生動物生息動向調査(平成25年度~)

更新日:2022年5月30日

ここから本文です。

大型野生動物生息動向調査(平成25年度~)

1 調査の目的

 山形県では、本県に新たに流入しているイノシシやニホンジカをはじめとする大型野生動物の生息・分布動向や被害状況等を把握・分析するとともに、被害対策の効果検証に資するため、平成25年度から山形大学農学部に委託して標記の調査を実施しています。

2 調査の概要

(1)大型野生動物モニタリング調査

ニホンジカ、イノシシ、ニホンザル、カモシカ、ツキノワグマ、ハクビシン、アライグマを対象に、積雪量の少ない日本海沿いに北上することによる分布拡大と朝日山地を経由した西への分布拡大の状況を把握するため、庄内地域(鶴岡市域)に自動撮影カメラによる調査区を設けて生息動向を調査しています。

調査区(モニタリングサイト)の設置

  • 朝日山地から連続する鶴岡市南部の山林から市街地周辺の山林にかけて、1km四方の調査区(モニタリングサイト)を、日本海側の山林に4箇所、内陸側に3箇所、6~10km程度の間隔で設置
  • 野生動物の生息に好適な広葉樹林を中心に設置場所を設定

自動撮影カメラの設置

  • 赤外線による夜間撮影が可能な自動撮影カメラを、各モニタリングサイトに(1km四方あたり)4台、計28台設置

設置期間及び各調査区ごとの対象哺乳類の撮影機会数

(2)大型野生動物の分布に関するアンケート調査

県では、県内における大型野生動物の生息状況や被害状況等を包括的に把握するため、平成27年度から、県内全市町村を対象に野生動物の目撃情報や被害対策に関するアンケート調査を実施しています。

3 調査報告書

本調査の委託先(山形大学農学部)から提出された報告書は次のとおりです。

 

お問い合わせ

環境エネルギー部みどり自然課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2208

ファックス番号:023-625-7991