更新日:2020年9月28日

ここから本文です。

平成29年度研究成果

平成29年度にわかったこと

漁業者の収入向上を目指したマダラ漁獲量予測技術の開発

漁期中のマダラ成魚漁獲量について、前年の未成魚漁獲量、前年4~5月の動物プランクトン発生量を変数とした重回帰式による予測方法を開発しました。従来法よりも早期に予測を発信できるため、資源の有効利用による漁業者の収入増加への提案が可能となりました。

山形県沿岸におけるサワラの移動に関する知見

標識放流調査の結果、秋期に山形県沿岸に来遊したサワラ当歳幼魚の多くは日本海沿岸で越冬し、その一部は翌年の秋期に本県沖でサワラとして漁獲されることが確認されました。

北部日本海3県におけるトラフグ放流尾数と漁獲量の関係

本県のトラフグ漁獲量は、北部日本海における1~3年前の累計トラフグ放流尾数と正の相関があり、漁獲量増大には相当数の放流尾数が必要であると推察されました。

マガレイ漁獲尾数算出方法の改良

マガレイ資源動向を推察するために必要な年齢別漁獲尾数について、欠測データの補完と、漁法別に銘柄別漁獲量データを解析することにより、算出方法を改良しました。

山形県におけるマダイの資源評価

マダイの漁獲統計データを年齢分解し、コホート解析により資源量を推定したところ、近年の資源量増加傾向であると判断されました。

小型水槽止水方式によるマナマコ浮遊幼生の管理

マナマコ種苗生産において、紫外線殺菌昇温濾過海水処理法により受精卵を得ることができました。また、ウォーターバスを使用した小型水槽止水方式で管理することで、初期減耗が軽減され、安定した浮遊幼生の管理が可能になりました。

お問い合わせ

農林水産部水産研究所 

住所:〒997-1204 鶴岡市加茂字大崩594

電話番号:0235‐33‐3150

ファックス番号:0235‐33‐0379