ホーム > くらし・環境 > 住まい > 住宅(支援制度等) > 令和4年度やまがた健康住宅・再エネ設備パッケージ補助金

更新日:2022年11月14日

ここから本文です。

令和4年度やまがた健康住宅・再エネ設備パッケージ補助金

山形県では、2050年までに温室効果ガス排出実質ゼロを達成するための取り組みの一つとして、山形県独自基準の高断熱・高気密住宅「やまがた健康住宅」と併せて太陽光発電設備及び蓄電池設備等を設置し、年間の一次エネルギー使用量の収支をゼロとする住宅を新築する際に補助金を交付します。

補助要件

自ら居住するための住宅を新築する方

施工業者は、県内に本店がある事業者であること

やまがた健康住宅かつZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)であること

(『ZEH』、NearlyZEH、ZEH+、NearlyZEH+が対象)

〇太陽光発電設備及び蓄電池設備等が導入されていること

固定価格買取制度(FIT)の認定を取得した場合は補助対象外となりますのでご注意ください。

〇建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の認証を受けていること

令和5年2月28日までに住宅の引き渡しを受け、実績報告書を提出すること

〇その他の要件は、要綱・手引き等をご確認ください

ZEHとは、外皮の断熱性能を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境を維持しつつ大幅な省エネを実現した上で、太陽光発電等の導入で年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した住宅です

補助金額

補助金の対象は、以下の組み合わせとなります。

  • 1+3+4→最大148.6万円
  • 2+3+4+5→最大200.2万円
補助対象 補助金額
1.やまがた健康住宅+『ZEH』(またはNearlyZEH) 55万円
2.やまがた健康住宅+ZEH+(またはNearlyZEH+) 100万円
3.太陽光発電設備

7万円/kW

上限63万円(9kW)

4.蓄電池設備

設置費用の3分の1

上限5.1万円/kWhかつ6kWh

5.HEMS(エネルギー計測装置)

設置費用の3分の2

上限6.6万円

募集期間及び予定戸数

  • 募集期間:令和4年7月29日から令和4年12月28日(先着順)
  • 募集予定戸数:35戸※予算に達した時点で受付を終了します。

受付戸数:6戸(令和4年11月11日時点)

手続きの流れ

手続きの流れは、申請の流れ(PDF:222KB)をご覧ください。

各種様式は、関連資料からダウンロードしてください。

申請窓口

住宅の建設地を所管する総合支庁建設部建築課(郵送でも受け付けます)

村山総合支庁(建設部建築課)

〒990-2492

山形市鉄砲町2-19-68

電話:023-621-8287
最上総合支庁(建設部建築課)

〒996-0002

新庄市金沢字大道上2034

電話:0233-29-1420
置賜総合支庁(建設部建築課)

〒992-0012

米沢市金池7-1-50

電話:0238-35-9054
庄内総合支庁(建設部建築課)

〒997-1392

三川町大字横山字袖東19-1

電話:0235-66-5640

問い合わせ先

山形県県土整備部建築住宅課住まいづくり支援担当

電話:023-630-2649

 
 

 

お問い合わせ

県土整備部建築住宅課住まいづくり支援担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2649

ファックス番号:023-630-2639