ホーム > 健康・福祉・子育て > 障がい者福祉 > 発達障がい > 令和3年度かかりつけ医等発達障がい対応力向上研修

更新日:2022年1月25日

ここから本文です。

令和3年度かかりつけ医等発達障がい対応力向上研修(終了しました)

山形県では、発達障がいの早期発見・早期支援の重要性に鑑み、発達障がい児等が日ごろから受診するかかりつけ医等を対象に、発達障がい児・者の診療や対応、連携等に関する研修を開催します。

1 開催日時・方法

  • 令和3年12月19日(日曜日)10時から正午まで
    Zoomによるオンライン開催

2 研修内容

発達障がいに関する国(国立精神・神経医療研究センター)の研修(「発達障害支援医学研修」、「発達障害地域包括支援研修:早期支援」)を踏まえた内容としています。

1.「発達障がい支援の取組みについて」

 山形県健康福祉部障がい福祉課

2.「発達障がい児の診療と育ちの支援~症例をもとに~」

 県立こども医療療育センター 診療科長 白幡 惠美 氏

3.「発達障がい児の診療と連携~かかりつけ医の立場から~」

 由美子こどもクリニック 院長 冨塚 由美子 氏

3 対象者

  • 県内で開業している医師
  • 県内医療機関に勤務する医師及び看護師、薬剤師、心理職等のコメディカル

 

4 修了者の取扱い

日本医師会生涯教育制度に基づく指定講習会として2単位(カリキュラムコード:72 成長・発達の障害)を取得できます。

全科目を受講した受講者に対し、県が修了証書を交付します。

研修修了者のうち、同意をいただいた方の名簿をホームページ上に掲載いたします。

【研修修了者のうち、公表に同意が得られた医師の氏名を掲載しています。なお、研修を修了した医師が発達障がいの診断や治療を行うという意味ではありませんのでお間違えのないようにお願いします。】

お問い合わせ

健康福祉部障がい福祉課障がい医療担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2240

ファックス番号:023-630-2111