ホーム > 健康・福祉・子育て > 高齢者福祉 > 介護事業者向け > 外国人介護人材の受入れについて

更新日:2022年7月4日

ここから本文です。

外国人介護人材の受入れについて

 県では介護施設における外国人介護人材の受入れを促進するため、EPA、技能実習生及び特定技能等の在留資格に合わせた取組みを実施し、外国人介護人材の受入れ体制を構築するため、以下の事業を実施しております。

1 技能実習生等に対する集合研修等及び介護事業者への説明会の実施

 県内の介護施設で働く技能実習生、特定技能等(EPA入国者を除く)の在留資格者を対象として、日本語の習得及び介護技術向上のための集合研修及び各施設への講師派遣を行っております。また、EPA、技能実習生及び特定技能等の在留資格での外国人介護人材の受入れを促進するための県内介護事業者説明会を開催しております。(県内介護関係団体に委託して実施)

〇令和2・3年度の実績

 ・集合研修 令和4年1月14日にオンライン形式により開催。

 ・講師派遣 令和2年度に「ニーズ聞き取り」、「研修」の2回をセットとして実施。ニーズ聞き取り6施設、研修3施設

 ・介護事業者説明会 令和3年12月22日に会場とオンライン形式により開催。約20事業所が参加し、各在留資格や受入事例の紹介に加え、他県の介護事業所で働くモンゴル人やミャンマー人とリモートで質疑応答などを実施。

 

〇令和4年度の実施については委託事業者と協議の上、随時県内介護事業者にお知らせします。

2 外国人介護福祉士候補者受入施設学習支援事業(対象:EPA入国者)

 経済連携協定(EPA)に基づき入国した介護福祉士の資格取得を目指す外国人を受け入れる介護施設の取組みを支援します。

 (参考)令和3年度交付要綱(PDF:167KB)

〇令和3年度の実績

 補助額3,145千円(6施設14名)

〇令和4年度も実施を予定しており、交付要綱制定後に県内介護事業者にお知らせします。

3 外国人介護人材受入施設等環境整備事業(対象:技能実習、特定技能等)

 年度末時点での在留期間が5年未満の外国人介護人材(技能実習、特定技能、留学、日本人の配偶者等)を受け入れる介護施設の取組みを支援します。

 (参考)令和3年度交付要綱(PDF:150KB)

 (参考)令和3年度実施要綱(PDF:108KB)

〇令和3年度の実績

 補助額2,000千円(10施設33名)

〇令和4年度も実施を予定しており、交付要綱制定後に県内介護事業者にお知らせします。

4 リーフレットの作成

 外国人介護人材を受け入れるための4種類の在留資格や、それぞれのメリット・デメリットについてわかりやすくまとめたリーフレットを作成しております。

 外国人介護人材の受入れを検討いただく際などにご活用ください。

 

 外国人介護人材受入れガイド(PDF:1,440KB)

 

お問い合わせ

健康福祉部高齢者支援課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2189

ファックス番号:023-630-3321