ホーム > 県政情報 > 山形県警察 > 山形県警察について > 山形県警察の組織 > 警察署一覧 > 庄内警察署 > 安全安心情報 > 犯人と直接会話をしない!

更新日:2021年9月15日

ここから本文です。

犯人と直接会話をしない!

特殊詐欺の被害に遭わないためには、犯人と直接会話を避けることが重要です。

常時留守番電話設定で特殊詐欺被害防止を

犯人からの電話に出てしまうと、言葉巧みにだまされてしまいます。これまで、留守番電話機能を有効に活用して、特殊詐欺の被害に遭った方はいません。

特殊詐欺被害を出さないために、固定電話の常時留守番電話設定をお願いします。

被害防止のポイント

  1. 在宅時も常に留守番電話に設定して、相手を確認してから、折り返し連絡をする。
  2. 普段から家族と特殊詐欺被害防止について話をする。
  3. 家族だけがわかる「合い言葉」を決めておく。
  4. 電話番号が変わったと言われても、必ず、元の電話番号にかけて確かめる。
  5. 身に覚えのない電話番号やメールアドレスへは連絡をしない。
  6. 電話の中で「お金」や「電子マネー」の話が出たら、一人で判断せずに、いったん切って家族や警察に相談する。
  7. キャッシュカードを他人に渡さない、暗証番号を教えない。

 

 
 

お問い合わせ

県警察本部庄内警察署 

住所:〒999-7781 東田川郡庄内町余目字滑石8-1

電話番号:0234-45-0110