ホーム > 県政情報 > 山形県警察 > 安全安心情報 > 子どもと女性の安全安心 > 夏休みにおける少年の非行・被害防止

更新日:2022年6月28日

ここから本文です。

夏休みは危険がいっぱい!?

夏は子供たちの気もゆるみがちになり、夜遅くまで出歩いたり、お酒やたばこに手を出したりと様々な誘惑に負けやすい時期でもあります。インターネット上の有害情報や危険なサイトに触れたことをきっかけとして、非行に走ったり犯罪被害に遭ったりするケースも起きています。

少年の非行や被害を防ぐために

子供のインターネット利用に関心を

インターネットは便利な反面、子供に見せると好ましくない有害情報や犯罪情報も多く、注意が必要です。何のために必要なのか、どのように使うのか、親子で話し合ってルールを作り、フィルタリングを上手に使って子供の安全を守りましょう。

うちの子は大丈夫と思わず、気配りを

服装、持ち物、言葉遣いなど変化はみられませんか?日頃、誰と遊んでいるのか、知っていますか?保護者に無断でゲーム等への課金をしていませんか?変化の兆しがあったら、タイミングよく話し合い、注意助言を与えましょう。

子供の外出、帰宅時間を把握

子供が外出する時は、「行き先、誰と、何を、帰宅時間」を確認しましょう。夜遅く帰宅した場合、「夏休みだから」「たかが夜遊び」と思わず、ダメなものは、ダメと毅然とした態度で向き合いましょう。

夏休みを利用して、何でも話せる雰囲気づくりを

子供と接する時間が多くなる夏休みこそ子供の話をじっくり聞き、年齢に応じた子供の心を理解するように努めましょう。

 

内閣府ホームページ「保護者向け普及啓発リーフレット」(外部サイトへリンク)

警察庁Webサイト「子供の性被害対策」(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

県警察本部人身安全少年課 

住所:〒990-8577 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-626-0110(代表)