ホーム > 県政情報 > 山形県警察 > 募集情報 > 採用案内 > 親御様へ

ここから本文です。

親御様へ

 

就活生を持つ保護者の皆さんへ

先頭名前写真

いつもどおりの日常のために

 東日本大震災などの災害やウクライナでの惨状を見ると、「人の幸せとは何か」を考えずにはいられません。もちろん、何が「幸せ」であるかは個人の主観によるところが大きい訳ですが、少なくとも「いつもどおりの日常が存在する」ことが前提であると思います。

 朝、元気に家を出た家族が、また元気に帰宅できるように。

 行きたいところへ行き、会いたい人と会い、自由に語り合うことができるように。

 警察は、そうした当たり前の日常を守る活動をしています。

喜びが得られる仕事

 もちろん楽な仕事ではありません。

 常に賞賛されたり、大金が手に入る仕事でもありません。

 雨風にさらされながら勤務をしたり、重大事件や事故が発生すれば、勤務時間外に呼び出しがかかることもあります。

 刑事ドラマに見るような派手な活躍がない訳ではありませんが、日々の仕事の多くは、地道な努力の積み重ねです。そして、その活動の多くは皆さんの目に映らない働きです(毎日身近に警察官の姿を目にするとすれば、それは災害など非常事態の時です)。

 「では警察に就職して何か良いことがあるのか?」と聞かれれば、私は「他人のために尽くす喜びが得られる」と自信をもってお答えします。

全面的に支援します!

 複雑な現代社会において、多くの若者が道に迷い、「自分さがし」をしています。

 自分の生きがいだけを求めて無理をせずに生きる人生は、平坦で歩きやすい道かもしれません。しかし、他人を思いやり、自分以外の誰かのために尽くす道は、自分自身を成長させ、他者の喜びを自分の喜びに昇華できる精神を育みます。

 皆さんは、お子さんにどんな人生をお望みでしょうか?もし後者をお望みであれば、是非山形県警への受験をお薦めください。

 真に豊かな人生とは何なのか、人生における喜びとは何であるのか、警察官として成長する中で、お子さんが答えを見つけられるよう、お子さんを全面的に支援します。