更新日:2021年3月30日

ここから本文です。

みづはものがたり【歴史・文化】

歴史・文化でつながるやまがた西置賜ものがたり

【小国町・飯豊町:いにしえの敷石道「越後米沢街道・十三峠」】

山形県置賜地域と新潟県下越地域を結ぶ約70kmのこの旧街道は、明治17年に現在の国道113号(小国新道)が完成するまでの約360年もの間、物流のために使用され、沿線の中山間地に大小13の峠があることから「十三峠」と呼ばれるようになりました。そのなかでも、いにしえの往来を偲ばせる黒沢峠(小国町)の敷石道は有名で、地元の保存会により整備・保存されています。また、最大の難所の宇津峠(飯豊町・小国町)には、そのことを物語る史跡が残されています。明治11年には、イギリスの女性旅行家イザベラ・バードが旅しており、その記録が「日本奥地紀行」として残さています。

≪日本風景街道(平成20年12月登録・国土交通省)≫

  名称 標高 距離
1 諏訪峠 290m 1900m
2 宇津峠 491m 4700m
3 大久保峠 370m 1000m
4 才ノ頭峠 316m 350m
5 桜峠 435m 6300m
6 黒沢峠 426m 2600m
7 貝淵峠 175m 270m
8 高鼻峠 170m 1800m
9 朴ノ木峠 398m 4600m
10 萱野峠 278m 3700m
11 大里峠 487m 4600m
12 榎峠 187m 1900m
13 鷹巣峠 155m 1960m

 

お問い合わせ

置賜総合支庁総務企画部西置賜総務課 

住所:〒993-8501 長井市高野町二丁目3番1号

電話番号:0238-88-8205

ファックス番号:0238-88-5717

右ナビ-管理ナビ