ホーム > 産業・しごと > 農林水産業 > 農林水産業総合 > 人材育成 > 専門職大学 > 東北農林専門職大学(仮称)等キャンパス整備への寄附のお願い

更新日:2022年7月29日

ここから本文です。

東北農林専門職大学(仮称)等キャンパス整備への寄附のお願いについて

山形県では、農林業の持続的な発展を担う高度な人材の育成が今後一層重要となることから、その機能を担う「東北農林専門職大学(仮称)」(新庄市に設置)の開学に向けて準備を進めています。

本専門職大学のキャンパスを新たに整備するにあたり、寄附を広く募集しております。

本趣旨にご賛同いただき、多くの皆様からのご支援をお待ちしております。

東北農林専門職大学(仮称)等キャンパス整備

外観パース令和元年12月に策定した専門職大学基本構想では、大学を設置する意義として、1.本県発の東北、日本を牽引する農林業経営者(スーパートップランナー)の育成、2.農林業の現場に貢献する研究、3.農林業による「やまがた創生」「地方創生」の3点を掲げています。
教育目標として、1.生産技術はもとより、経営やマーケティングの知見を持つなど、将来を見通した経営ができる人材の育成、2.市場動向の分析、輸出等の新市場開拓、国際標準GAPの取得など、消費マーケットを見据えた人材の育成、3.理論と現場での実践に基づき、AIやドローンなどの先端技術を取り入れながら、生産性・収益性の高い農林業を実践できる高度で先進的な生産技術を持つ人材の育成、4.専門分野にとらわれない幅広い人材の育成の4点を掲げています。
なお、現在の農林大学校については、専門職大学の附属校として、専門職大学と一体的に整備することとしています。
施設整備の概要については、以下を参照してください。

施設整備の概要

寄附の使い道について

いただいた寄附金は、東北農林専門職大学(仮称)等のキャンパス整備に活用させていただき、東北農林専門職大学(仮称)等が、県内のみならず全国から多くの学生を集める魅力ある施設となるよう取り組んでまいります。

寄附者のメリットについて

税の優遇措置

山形県外に住民票を持つ個人の方が県に対し、年間で2,000円を超える寄附をされた場合、一定の限度額までの住民税が控除されるほか、所得税からも所得控除が受けられます。

山形県外に本社が所在する企業等が10万円以上の寄附をされた場合、最大で寄附の約9割の税の軽減効果が受けられます。

氏名・企業名等の掲示

一定金額以上ご寄附いただいた場合、氏名又は企業等名(ただし、匿名希望者を除きます)を専門職大学の校舎に掲示します。
また、企業版ふるさと納税によりご寄附いただいた企業等名をこのホームページに掲載しますので、寄附によって社会に貢献していることなどを社会に知らせることができ、イメージアップ等につながります。

寄附の手続きについて

個人の場合

以下の山形県ふるさと納税「山形応援寄付金」の特定プロジェクト「9東北農林専門職大学(仮称)等キャンパス整備事業」をご覧ください。

山形県ふるさと納税「山形応援寄付金」

企業等の場合

以下の「企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を活用した寄附の募集について」をご覧ください。なお、専門職大学の取組項目は「東北農林専門職大学(仮称)設置推進関係事業」です。

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)

お問い合わせ

農林水産部専門職大学整備推進課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2382

ファックス番号:023-630-2558