ホーム > 県政情報 > 山形県の紹介 > 組織案内 > コロナ収束総合企画課 > 新型コロナウイルスワクチンの接種について

更新日:2022年11月22日

ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチンの接種について

新型コロナワクチンの接種は無料です。便乗した悪質商法にご注意ください。

予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

接種の時期・予定について

令和4年秋開始接種(1人1回に限られる追加接種)

 令和4年秋開始接種は、1人1回に限られる追加接種で、以下のいずれかのワクチンを使用します。

 オミクロン株対応ワクチンは、新型コロナウイルスのオミクロン株(BA.1又はBA.4-5)と従来株の両方に対応した成分を含む2価ワクチンです。現在流行しているオミクロン株に対応した成分が含まれるため、従来ワクチンを上回る重症化予防効果や、感染・発症予防効果(持続期間が短い可能性がある)も期待されます。

 武田社(ノババックス)は、従来型のワクチンですが、ファイザー社及びモデルナ社のオミクロン株対応2価ワクチンを何らかの理由で接種できない方のための選択肢と位置付けられています。接種を迷う場合は、かかりつけ医などへご相談ください。

 接種時期は、令和4年9月20日から令和5年3月31日までとなります。

・令和4年度秋接種開始のご案内(PDF:790KB)

 これまで2年間、年末年始に新型コロナは流行しています。2022年の年末までに、重症化リスクの高い高齢者はもとより、若い方にもオミクロン株対応2価ワクチンによる接種をおすすめしています。

 ※これまでの接種回数に応じ、3~5回目接種として1回の接種が受けられます。

1122

・接種対象者

 追加接種(3回目又は4回目)の実施の有無にかかわらず、日本国内で少なくとも初回接種(1回目・2回目)が完了し、以下の対象年齢等を満たしている方。

ワクチン 対象年齢 接種間隔
ファイザー社のオミクロン株対応2価ワクチン 12歳以上 3か月以上
モデルナ社のオミクロン株対応2価ワクチン 18歳以上 3か月以上
武田社(ノババックス)の従来ワクチン(1価)  18歳以上  6か月以上 

・接種開始フロー(厚生労働省パンフレットより抜粋(PDF:726KB)

接種フロー図

・お手元にある接種券を御使用いただくことが可能です。

・直近の接種から3か月後を目途に、お住まいの市町村から発送されますので、3か月経過後もお手元に届かない場合や、紛失した場合は市町村の窓口にお問い合わせください。

山形県新型コロナワクチン追加接種事業の実施について

県による巡回接種につきましては、こちら(ワクチン巡回接種)を御覧ください。

・接種費用

 全額公費のため無料です。

乳幼児(生後6か月から4歳)への接種

生後6か月から4歳の方も新型コロナワクチンを接種することができます。

接種券及び接種会場については、お住いの市町村に御確認ください。

また、厚生労働省では、ワクチン接種の効果や安全性についてまとめたリーフレットを作成していますので、接種の前に御覧ください。

・リーフレット 「生後6か月から4歳のお子様の保護者の方へ 新型コロナワクチン接種についてのお知らせ」(PDF:1,631KB)

・厚生労働省 生後6か月~4歳の子どもへの接種(乳幼児接種)についてのお知らせ(外部サイトへリンク)

・接種する小児用ワクチンについては、こちらを御覧ください

小児(5歳から11歳)への接種

5歳から11歳の方も新型コロナワクチンを接種することができます。

接種券及び接種会場については、お住いの市町村に御確認ください。

また、厚生労働省では、ワクチン接種の効果や安全性についてまとめたリーフレットを作成していますので、接種の前に御覧ください。

・リーフレット 「5歳から11歳のお子様と保護者の方へ 新型コロナワクチン接種についてのお知らせ」(PDF:3,820KB)

・厚生労働省 5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ(外部サイトへリンク)

・接種する小児用ワクチンについては、こちらを御覧ください

追加接種(4回目接種)

 追加接種(4回目接種)の必要性については、こちら(政府広報)(外部サイトへリンク)を御覧ください。

追加接種(3回目接種)

 追加接種(3回目接種)の必要性については、こちら(政府広報)(外部サイトへリンク)を御覧ください。

初回接種(1回目・2回目接種)

  • 初回接種がお済みでなく、希望される方は、従来株のワクチンを令和5年3月31日までの間で受けていただくことができます。
  • 接種の受け方は、市町村からの案内に従ってください。

ワクチンの接種状況

都道府県のワクチン接種状況は次のホームページでご確認いただけます。

政府CIOポータル「新型コロナワクチンの接種状況」(外部サイトへリンク)

ワクチンの種類について

現在、国内で新型コロナウイルス感染症の予防接種に用いられているワクチンは次のとおりです。

オミクロン株対応ワクチン

 3~5回目接種に使用されています。(オミクロン株の接種は1回のみ)

 今までワクチンを接種していない方は、初回接種(1・2)回目(従来株)を受ける必要があります。

 オミクロン株対応2価ワクチン接種のお知らせ(外部サイトへリンク)

omicron

 オミクロン株対応2価ワクチンの種類が増えました(外部サイトへリンク)

二価ワクチン種類増加

 (注意点)オミクロン株対応2価ワクチン接種後の注意点(外部サイトへリンク)

2価ワクチン接種に係る注意点

 初回(1・2回目)接種がまだお済みでない方へ(2022年内の初回接種完了をご検討ください)(外部サイトへリンク)

初回接種がまだの方

新型コロナワクチン「コミナティ筋注」(製造販売元:ファイザー株式会社)

1~4回目接種に使用されています。

初回接種では、2回の接種が必要です。通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。

comirnaty-infomation.jpg

スパイクバックス筋注(旧:COVID-19ワクチンモデルナ筋注)(製造販売元:モデルナ・ジャパン(株))

1~4回目接種に使用されています。

初回接種では、2回の接種が必要です。通常、1回目の接種から4週間後に2回目の接種を受けます。

スパイクバックス説明書

※令和4年8月1日付で、新型コロナワクチン「スパイクバックス™筋注」の製造販売承認が、武田薬品工業株式会社からモデルナ・ジャパン株式会社へ承継されました。

新型コロナウイルスワクチン「バキスゼブリア筋注」(製造販売元:アストラゼネカ株式会社)(令和4年9月30日をもって本ワクチンの取扱いは終了しております。)

本ワクチンは、全国で令和4年9月30日をもって取扱いが終了となりました。

新型コロナワクチン「コミナティ筋注 5~11歳用」(製造販売元:ファイザー株式会社)

小児(5歳から11歳)の1~3回目接種に使用されています。

2回の接種が必要です。通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。

3回目の接種は、2回目接種後から5か月経過後となります。

説明書「新型コロナワクチンコミナティを接種されるお子さまと保護者の方へ」(PDF:8,223KB)

説明書「新型コロナワクチンコミナティを接種されるお子さまと保護者の方へ」

新型コロナウイルスワクチン「ヌバキソビッド筋注」(製造販売元:武田薬品工業株式会社)※ノババックス社

1~5回目接種に使用されています。

初回接種では、2回の接種が必要です。通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。

3回目接種以降は、最終種接種日から6か月後に接種を受けます。

説明書「ヌバキソビッド筋注を接種される方を受ける方へ 」(PDF:1,045KB)

ヌバキソビッド

新型コロナワクチン「コミナティ筋注 6か月~4歳用」(製造販売元:ファイザー株式会社)

乳幼児(6か月~4歳用)の1~3回目接種に使用されています。

初回接種は、3回の接種が必要です。通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。その後8週間以上の間隔をおいて1回接種します。

説明書「生後6か月~4歳のお子さまの保護者の方へ」新型コロナワクチン予防接種について(PDF:1,020KB)

住民票がある市町村以外での接種について

新型コロナウイルスワクチンは原則、住民票がある市町村で接種をうけます。

ただし、次の1.と2.の場合は、住民票がある市町村以外でワクチンの接種を受けることができます。

詳しくは、現在お住いの市町村におたずねください。

なお、職域接種や住所地を問わない大規模接種では、住民票がある市町村以外でも接種が可能です。

1.(事前申請が必要です)

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待などの被害者

など

2.(事前申請は不要です)

  • 入院・入所者
  • 基礎疾患を持つ方が主治医の下で接種する場合
  • 災害による被害にあった方
  • 拘留又は留置されている方、受刑者

など

接種後に起こる可能性のある症状(副反応)について

 新型コロナワクチン接種後の主な副反応としては、接種部位の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、悪寒、下痢、発熱等がみられることがあります。このような症状の大部分は、接種後数日以内に回復していますが、症状が重かったり、長引く場合は、接種した医療機関やかかりつけ医にご相談ください。かかりつけ医等において、さらなる対応が必要と判断した場合、専門的な医療機関に紹介するよう体制を整備しています。また、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が生じた場合には、救済制度が設けられています。

 なお、症状が出た場合の対処方法などは、厚生労働省のHP(外部サイトへリンク)をご参照いただくか、ワクチンの副反応(副作用)や医学的な相談を受け付ける山形県ワクチンコールセンターへお問合せください。

予防接種健康被害救済制度

 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。

 予防接種法に基づく予防接種を受けた方に健康被害が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、市町村により給付が行われます。申請に必要となる手続き等については、予防接種を受けられた時に住民票を登録していた市町村にご相談ください。

 なお、現在の救済制度の内容については、厚生労働省のHP(外部サイトへリンク)をご参照ください。

新型コロナワクチンについてのQ&A

女性の方(特にこれから妊娠を考えている方・妊娠中の方)への接種に関しては、

日本産婦人科感染症学会のインフォメーション

「女性のみなさまへ 新型コロナウイルスワクチン(mRNAワクチン)Q&A」(2021年7月19日)

もご確認ください。

日本産婦人科感染症学会インフォメーション (外部サイトへリンク)

電話相談窓口

聴覚に障害のある方(電話以外)

ホームページをご覧ください。

 

市町村のワクチン接種予約に関すること

お住いの市町村のワクチン接種コールセンターにお問い合わせください。

 

ワクチンの副反応(副作用)や医学的な相談

山形県ワクチンコールセンター(副反応相談)

接種の予約は受け付けておりません。

電話番号:0120-567-690(フリーダイヤル)

受付時間:8時30分~18時00分(土日・祝日も実施)

 

新型コロナワクチン全般に関するご相談

厚生労働省 新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761-770(フリーダイヤル)

受付時間:9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

県内市町村の新型コロナワクチン関係ホームページ

県内市町村の新型コロナワクチン接種に関するお知らせ・コールセンター(随時更新)

地域 市町村(ホームページ) コールセンターなど
村山 山形市(外部サイトへリンク) 0120-567-328
寒河江市(外部サイトへリンク) 0120-567-354
上山市(外部サイトへリンク) 0120-181-618
村山市(外部サイトへリンク) 0120-69-5617
天童市(外部サイトへリンク) 0120-008-042
東根市(外部サイトへリンク) 0120-160-085
尾花沢市(外部サイトへリンク) 0120-567-134
山辺町(外部サイトへリンク) 023-676-8085
中山町(外部サイトへリンク) 0120-567-339
河北町(外部サイトへリンク) 0237-73-5725
西川町(外部サイトへリンク) 0237-85-0223
朝日町(外部サイトへリンク) 0237-84-7755
大江町(外部サイトへリンク) 0120-567-269
大石田町(外部サイトへリンク) 0237-35-2111
最上 新庄市(外部サイトへリンク) 0120-197-296
金山町(外部サイトへリンク) 080-8603-6209/6210
最上町(外部サイトへリンク) 0120-567-515
舟形町(外部サイトへリンク) 0120-567-105
真室川町(外部サイトへリンク) 0233-62-3436/3474
大蔵村(外部サイトへリンク) 0233-75-2324
鮭川村 0233-55-2111
戸沢村(外部サイトへリンク) 0120-567-174
置賜 米沢市(外部サイトへリンク) 0238-27-0301
長井市(外部サイトへリンク) 0120-567-406
南陽市(外部サイトへリンク) 0120-740-891
高畠町(外部サイトへリンク) 0238-52-1224
川西町(外部サイトへリンク) 0120-567-253
小国町(外部サイトへリンク) 0120-567-442
白鷹町(外部サイトへリンク) 0120-567-034
飯豊町(外部サイトへリンク) 0120-567-445
庄内 鶴岡市(外部サイトへリンク) 0120-125-226
酒田市(外部サイトへリンク) 0120-362-350
三川町(外部サイトへリンク) 0120-752-770
庄内町(外部サイトへリンク) 0120-414-170
遊佐町(外部サイトへリンク) 0234-72-5922

 

ワクチン接種を受けていない人に対する差別的扱いの防止について

新型コロナワクチンの接種は強制ではなく、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていないことを理由に、職場などにおいて解雇、退職勧奨、いじめなどの差別的な扱いをすることは許されるものではありません。
特に、事業主・管理者の方におかれては、接種には本人の同意が必要であることや、医学的な事由により接種を受けられない人もいることを念頭に置いて、接種に際し細やかな配慮を行うようお願いいたします。

(相談窓口)
 国の人権相談窓口や総合労働相談コーナーにおいて、ワクチン接種を受けていない人に対する差別的な扱いや、感染者に対する偏見・差別など、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な偏見、差別、いじめ等の被害にあった方からの相談を受け付けています。
 困った時は一人で悩まず、相談してください。
 法務省相談窓口(http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken02_00022.html)(外部サイトへリンク)
・職場におけるいじめ・嫌がらせになどに関する相談窓口
厚生労働省総合労働相談コーナー(https://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

健康福祉部コロナ収束総合企画課ワクチン接種担当

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2494

ファックス番号:023-625-4294