ホーム > くらし・環境 > 消費生活 > 注意喚起情報 > 高齢者の事故に注意し、年末年始を安全に過ごしましょう!

更新日:2021年12月16日

ここから本文です。

高齢者の事故に注意し、年末年始を安全に過ごしましょう!~餅による窒息、入浴中の溺水、掃除中の転落等に注意~

消費者庁から、年末年始など冬のこの時期に起こりやすい高齢者の事故に関する注意喚起が公表されました。

年末年始は、家族の帰省や会食など、高齢者がいつもと異なった行動をとる時期です。

事故に注意し、年末年始を安全に過ごしましょう。

事故を防ぐためのポイント

餅による窒息

  • 餅は、小さく切り、食べやすい大きさにする。
  • ゆっくりとよく噛んでから飲み込む。
  • 高齢者が餅を食べる際は、周りの方も食事の様子に注意を払い、見守る。

入浴中の溺水

  • 入浴前に脱衣所や浴室を暖める。
  • 湯温は41度以下、湯につかる時間は10分までが目安。
  • 食後すぐや、飲酒後、医薬品服用後の入浴は避ける。

掃除中の転落等

  • 脚立やはしごを使用した高所作業は極力控え、行う場合は広いステップや上枠がついた身体のバランスを取りやすい用具を使い、安定した場所で無理なく行う。

関係資料等

詳しくは、消費者庁ウェブサイトをご覧ください。

高齢者の事故に注意し、年末年始を安全に過ごしましょう!―餅による窒息、入浴中の溺水、掃除中の転落等に注意―(外部サイトへリンク)

消費者庁公表資料「高齢者の事故に注意し、年末年始を安全に過ごしましょう!」(PDF:250KB)

消費者庁公表資料別添(PDF:891KB)

 

お問い合わせ

防災くらし安心部消費生活センター 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-3239

ファックス番号:023-625-8186

右ナビ-管理ナビ