ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 文化財 > 山形県文化財保存活用大綱の策定について

更新日:2022年3月17日

ここから本文です。

山形県文化財保存活用大綱について

文化財は、これまでの様々な時代背景のなかで、人々の生活や風土との関わりにおいて生み出され、先人の不断の努力によって現在まで守り伝えられてきた貴重な財産です。しかしながら、過疎化・少子高齢化やそれに伴う地域社会の衰退によって、文化財の継承の担い手も減少しており、文化財を取り巻く状況は厳しさを増しています。

平成31年4月1日に文化財保護法及び地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律が施行され、地域における文化財の総合的な保存・活用を促すため、都道府県では総合的な施策の大綱(文化財保存活用大綱)の策定ができることとなりました。

これを受け、山形県では令和4年3月、山形県文化財保存活用大綱(以下、「大綱」という)を策定しました。

大綱を策定することによって、本県における文化財の保存と活用の全体理念を示し、また、それに基づく基本方針を明確にすることで、文化財の保存と活用を一層推進してまいります。

山形県文化財保存活用大綱(令和4年3月策定)(PDF:15,524KB)
山形県文化財保存活用大綱(令和4年3月策定)概要版パンフレット(PDF:9,324KB)

 

参考:策定までの経緯のまとめ

文化財所有者をはじめ、市町村、有識者等の意見を聴取しながら、山形県文化財保護審議会のもとに山形県文化財保存活用大綱策定作業部会を設け、内容の検討を行いました。

  • 令和2年7月~(随時):関係者・関係団体等からの意見聴取
  • 令和2年10月:文化財保護実態調査の実施(市町村、県指定文化財所有者等からの意見聴取)
  • 令和2年11月:文化庁との協議(以後、随時実施)
  • 令和3年3月30日:諮問、山形県文化財保存活用大綱策定作業部会の設置
  • 令和3年3月30日:第1回山形県文化財保存活用策定作業部会の開催
  • 令和3年6月10日:第2回山形県文化財保存活用大綱策定作業部会の開催
  • 令和3年6月28日:市町村意見交換会の開催
  • 令和3年9月24日:第3回山形県文化財保存活用大綱策定作業部会の開催
  • 令和3年11月24日~12月13日:パブリック・コメントの実施
  • 令和4年1月28日:第4回山形県文化財保存活用大綱策定作業部会の開催、答申
  • 令和4年3月:策定
  • 令和4年3月3日:市町村説明会の開催

山形県文化財保存活用大綱策定作業部会

令和3年3月30日、山形県文化財保護審議会のもとに山形県文化財保存活用策定作業部会が設置され、知事の諮問を受け、山形県文化財保存活用大綱の策定あたって必要な事項を調査審議しました。

第1回部会【令和3年3月30日開催】

第2回部会【令和3年6月10日開催】

第3回部会【令和3年9月24日開催】

第4回部会【令和4年1月28日開催】

パブリック・コメントの実施

県民から広く意見を聴取するため、令和3年11月24日~12月13日にパブリック・コメントを実施しました。

「山形県文化財保存活用大綱(仮称)」(案)についての意見募集の結果

 

お問い合わせ

観光文化スポーツ部文化財活用課 

住所:〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号

電話番号:023-630-2879

ファックス番号:023-624-9908