ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広聴 > 県民の生の声コーナー > 2019年 > 2月 > 山形県庁の各課室の温度設定について

更新日:2019年3月1日

ここから本文です。

山形県庁の各課室の温度設定について

ご意見

県庁舎のある課に行ったところ、室温が高くて驚きました。県庁舎の暖房は各課で好きなように設定しているのではないでしょうか。19℃目安で運転しているのか確認しているのでしょうか。(2019-02-21)

県の取組状況

山形県では、「持続的な発展が可能な豊かで美しい山形県」を目指し、地球温暖化防止(温室効果ガス削減)に取り組んでいます。そのため、県庁舎ではエコオフィス運動を率先して実施しており、冬季暖房時は室温19℃を目安に温度設定しています。
暖房など県庁舎の空調設備は、監視装置で集中管理しており、各課室では操作できないようになっています。日当たり等により、一部の課室の温度が高くなる場合がありますが、常時各課室の温度を把握し、温度が高い課室については、暖房の運転を停止するなど、温度管理を行っています。
今後も、県庁舎の適切な温度管理に努めてまいります。(2019-02-26 実施中・実施済)

( 総務部 管財課 )