ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広聴 > 県民の生の声コーナー > 2019年 > 2月 > 山形県への中国人観光客を増やす方策について

更新日:2019年2月26日

ここから本文です。

山形県への中国人観光客を増やす方策について

ご意見

たくさんの中国人の方に山形県に旅行に来ていただくために、どのような方策を考えていますか。(2019-02-12)

県の取組状況

山形県では、世界に誇る山形の魅力を発信し、国内外の旺盛な活力を引き込む「観光立県山形」の確立を目指し、インバウンドの推進による交流人口の拡大に取り組んでいるところです。
平成29年の本県の外国人旅行者数は、過去最高の約19万1千人となりました。この中で、中国からの旅行者数は、過去最高の約1万2千人となり、国・地域別では、台湾、韓国に次いで3番目となっています。
県では、中国を重点市場の一つとして位置付け、ハルビンに設置している山形県ハルビン事務所や上海の観光コーディネーターを核として、?SNS等を活用した情報発信、?中国ではスキーへの関心が高まっていることから、蔵王などのスキー場について現地旅行博等でのPR、?本県を舞台として撮影された中国のテレビドラマのロケ地を巡るツアーの提案、?仙台空港をゲートウェイとして本県に誘客するための旅行商品の造成・販売の促進など、様々な施策を戦略的に展開しています。
中国は、今後とも訪日旅行者数の増加が期待できる市場ですので、本県の豊かな自然、美食・美酒、温泉、雪などの本県の強みを活かして、誘客拡大に努めてまいりたいと考えています。(2019-02-26 実施中・実施済)

( 観光文化スポーツ部 インバウンド・国際交流推進課 )