ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広聴 > 県民の生の声コーナー > 2019年 > 2月 > 山形県立高校の冷暖房環境について(フォローアップ)

更新日:2019年2月25日

ここから本文です。

山形県立高校の冷暖房環境について(フォローアップ)

ご意見

山形県立高校の冷暖房設備の状況はかなりひどいです。生徒及び職員の健康を守るためにも環境整備を早急に行う必要があると思います。(2019-02-08)

県の取組状況

【前回回答】
山形県立高校の普通教室等への冷房設備(エアコン)の設置については、特別支援学校への設置が完了した後の平成32年度から34年度までの3か年で整備していきたいと考えており、平成31年度当初予算案には、32年度分の整備に必要な設計費用を計上しています。
また、暖房設備については、すべての県立高校に設置していますが、不具合が生じた場合には早急な修繕等を行い、適切な教育環境の確保に努めています。(2019-02-18 検討(冷房設備)、実施中・実施済(暖房設備)) 

【現在の取組状況】
 県立高校の冷房設備については、昨今の夏の厳しい暑さを踏まえ、教育環境を改善する観点から、令和2年度から4年度までの3か年で、すべての普通教室と、衛生面等の理由により必要と認められる一部の特別教室等に設置することとしています。なお、令和元年度においては、2年度に設置する分の実施設計を行っています。(2020-03-10 実施中・実施済)

( 教育庁 総務課 )