更新日:2019年2月21日

ここから本文です。

受動喫煙防止条例について

ご意見

受動喫煙防止条例施行前のことですが、子どもの前で喫煙している教員がいました。受動喫煙にはもっと配慮して行動すべきではないでしょうか。(2019-02-04)

県の取組状況

山形県の受動喫煙防止条例には、「教育関係者は、望まない受動喫煙を防止するための情報の発信及び教育に積極的に取り組むとともに、県又は市町村が実施する望まない受動喫煙の防止に関する施策に協力するよう努めなければならない。」と定められており、教員はその責務を果たすとともに、自らが率先して条例の基本理念に則った言動を行うことが求められていると考えています。
県教育委員会としても、教員が条例を十分に理解・遵守し、子どもたちをはじめ県民の受動喫煙防止が図られるよう努めてまいります。(2019-02-18 その他)

( 教育庁 教職員課 )