更新日:2019年3月20日

ここから本文です。

山形県写真展の知事賞について

ご意見

山形県写真展は審査員が一人だけです。そのような審査で知事賞を授与するのは不公平のように思います。これからも続けるならば公平性を保てるように指導すべきではないでしょうか。(2019-02-18)

県の取組状況

山形県写真展は、今年で53回目となる歴史と伝統のある公募展であり、今年の写真展には県内の愛好家から2,300点余りが出品されたと伺っています。こうした毎年多くの県民が参加する公募展において、特に優秀な作品に知事賞を贈呈することは、県民の文化活動を活発にし、本県の文化振興を図る上で大きな意義があるものと考えています。
賞の選考は、主催者が審査員や審査方法などの公募規定を定め、審査はその分野の専門家が行っており、自主的、主体的な文化活動は尊重されるものと考えています。
この度いただいた御意見は、主催者にお伝えいたします。(2019-03-19 対応困難)

( 観光文化スポーツ部 県民文化スポーツ課 )