ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広聴 > 県民の生の声コーナー > 2019年 > 2月 > 県道の側溝のつまりについて(フォローアップ)

更新日:2019年3月15日

ここから本文です。

県道の側溝のつまりについて(フォローアップ)

ご意見

山形県道332号面野山鶴岡線(旧国道7号)、山大農学部前の側溝が土砂でふさがれて、路面に水があふれ、車からしぶきをかけられます。つまりを取り除いてください。(2019-02-21)

県の取組状況

【前回回答】
御指摘いただいた箇所を調査したところ、排水管に土砂の堆積がみられるため、3月中に土砂の除去作業に着手し、状況を確認しながら排水機能の確保を図ってまいります。
今後とも適切な道路管理に努めてまいります。(2019-03-06 実施予定 1ヶ月以内)

【現在の取組状況】
堆積した土砂については、平成31年3月に除去しています。(2020-02-28 実施中・実施済)

( 庄内総合支庁 建設部 道路計画課 )