ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広聴 > 県民の生の声コーナー > 2018年 > 7月 > 西日本豪雨災害ゴミ問題について

更新日:2018年7月30日

ここから本文です。

西日本豪雨災害ゴミ問題について

ご意見

今回の西日本豪雨災害で出たゴミの処理問題ですが、ごみ処理施設の能力を超え、置く場所がなく運動場や道路脇に置くという東日本大震災の時と似たような状況にあります。この状況が長く続くと火災、悪臭、感染症の発生などの二次被害も考えられます。国から処分の要請があった場合、積極的に受け入れ早急に被災地が元の生活に戻れるようにしてほしいです。(2018-07-13)

県の取組状況

西日本豪雨(平成30年7月豪雨)により被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈りいたします。
現在、国(環境省)では、被災自治体からの災害廃棄物の処理の要望を調整しており、県では国からの要請があった場合は、処理施設の状況を考慮して適切に対応していきたいと考えています。今後とも廃棄物の処理について御理解と御協力をお願いします。(2018-07-25 その他 )

( 環境エネルギー部 循環型社会推進課 )