ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広聴 > 県民の生の声コーナー > 2018年 > 7月 > 山形県の「ふるさと休日」のあり方について

更新日:2018年10月26日

ここから本文です。

山形県の「ふるさと休日」のあり方について

ご意見

「庄内三大祭に配慮した入札の開札日について」の回答が「対応困難」というのは、県として「ふるさと休日」を推奨できないということでしょうか。
また、開札日を一日ずらすことによる事業計画への支障を具体的に示してください。(2018-07-04)

県の取組状況

「ふるさと休日」は、平成26年11月、内閣府が設置した「休み方改革ワーキンググループ」の報告書において、地域ごとに休日を設定するものとして提言がなされ、山形県では酒田市、遊佐町、鶴岡市が観光庁の認定地域となっています。
県としましては、認定地域となった市町の取組みについて、十分配慮するよう努めてまいります。
また、御意見のあった公共事業の入札の開札日については、「ふるさと休日」にあたらないよう極力配慮してまいりますが、緊急を要する場合においては、やむを得ず開札日が「ふるさと休日」にあたる場合もあり得ることを御理解ください。(2018-10-04 実施予定 1年以内)

( 観光文化スポーツ部 県民文化スポーツ課 県土整備部 空港港湾課(港湾事務所) 庄内総合支庁 総務企画部 総務課 )