ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広聴 > 県民の生の声コーナー > 2018年 > 7月 > アルコールハラスメントについて

更新日:2018年7月23日

ここから本文です。

アルコールハラスメントについて

ご意見

山形県のアルコールハラスメントに対する姿勢について伺います。
立場が上の人が参加する飲み会については、断りづらく、なかば強制的な参加となる場合があるかと思います。県庁の職場では、知事が参加する飲み会や、議員が参加する飲み会について、職員が強制的に参加することとなっていませんか。勤務時間外の飲み会であれば、県が率先して強制参加を無くすべきです。(2018-07-09)

県の取組状況

アルコールハラスメントは、飲酒に関連した嫌がらせや迷惑行為、人権侵害を指すものとされておりますが、県としてもあってはならないものと考えます。
業務とは関係の無い懇親会等については、立場が上の者が参加する場合でも、参加するかどうかはあくまで職員の自由意思に委ねられており、強制的に参加させられるということはありません。
また、議員が参加する場合でも同じです。(2018-07-17 実施中・実施済)

( 総務部 人事課 議会事務局 総務課 )