更新日:2018年8月22日

ここから本文です。

猛暑日の熱中症対策について

ご意見

猛暑日には、安全のためにも屋外での体育授業や部活動は中止すべきだと思います。また、具合の悪い生徒がいたら、涼しい場所で水分補給をさせて休ませ、教育委員会へも早めに報告すべきだと思います。(2018-07-23)

県の取組状況

山形県教育委員会では、県内全ての公立学校に対して、部活動などを含め、気温などの環境条件を十分に踏まえたうえで活動を実施すること、決して無理をしないで活動中止を判断すること、また、“気温が高い日はこまめに水を飲み、休憩をとること”、“少しでも気分が悪くなったら保護者や先生などに申し出ること”などを徹底して指導するよう通知しているところです。
学校では、特に屋外での体育授業や部活動において、直射日光にあたることで児童生徒の体力の消耗が考えられるため、屋内での実施に切り替えたり、涼しい時間に活動したりするなど、柔軟な対応をしています。
また、暑さによって具合が悪くなった児童生徒に対しては、エアコンのある部屋や涼しい場所で衣服を緩めて寝かせ、水分を補給させたり、冷水タオル等で体を冷やしたりするようにしています。
なお、各学校における熱中症の事故については、その都度、教育委員会へ報告するように依頼していますが、引き続き徹底するよう指導してまいります。
今後も児童生徒の安全確保について、適切な対応が図られるよう取り組んでまいります。(2018-08-07 実施中・実施済)

( 教育庁 スポーツ保健課 )