ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広聴 > 県民の生の声コーナー > 2018年 > 7月 > マンション建設による除雪対策及び地域活性化について

更新日:2018年8月20日

ここから本文です。

マンション建設による除雪対策及び地域活性化について

ご意見

マンションに住むことにより、雪かきの手間が省かれ、雪下ろしの事故が軽減されると思います。マンションを積極的に建設し、移住を促せば、地域活性化につながるのではないでしょうか。(2018-07-05)

県の取組状況

マンションなどの集合住宅においては、冬期間の除排雪の作業が大きく軽減され、雪害による事故が少なくなる可能性が期待されるところです。
山形県でも、冬期間の除排雪の作業が大変な高齢者向けに「ふるさとハッピーライフ住宅」として、医療や介護サービスなども提供する集合住宅を整備する市町村等を支援しているところです。
このような取組みとともに、現に一戸建て住宅で暮され、今お住まいの地域に住み続けたいという方々をはじめ、全ての県民の皆様が、雪があっても安心して暮らせるよう、平成29年3月に「山形県雪対策行動計画」を策定し、市町村と連携し、除排雪体制の強化等に向け取組みを進めています。
具体的には、自ら雪下ろしや除雪を行うことが困難な方への支援、地域における一斉除排雪の実施、雪下ろしの担い手の確保などに取り組んでいます。
このように、県民や県外から移住された方が、冬期間においても安心して暮らしてゆける環境をしっかりと整えていきたいと考えています。(2018-08-09 実施中・実施済 )

( みらい企画創造部 市町村課 )