ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広聴 > 県民の生の声コーナー > 2018年 > 7月 > 福祉相談時の職員の応対について

更新日:2018年9月10日

ここから本文です。

福祉相談時の職員の応対について

ご意見

身体障害者手帳の交付について山形県に相談したところ、丁寧な説明などがなく事務的なものでした。相手の立場に立って誠意を持って対応してほしいと感じました。(2018-07-26)

県の取組状況

この度は、身体障害者手帳の交付申請について、電話による御相談をいただいた際、当方の対応で大変御不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ございませんでした。
身体障害の認定については、厚生労働省の「身体障害認定基準」等に基づき、指定を受けた医師が作成した診断書を山形県社会福祉審議会の審査部会に諮問し、各障害分野の専門医が厳正な審査のうえ該当する等級等を認定しています。なお、身体障害者手帳交付後、障害の程度が重度になった場合や新たな障害が生じた場合は、その時点の申請で審査の結果、等級や障害内容が変更となることがあります。
今後とも、県民の立場に立ち、問い合わせや相談等に対してはわかりやすい言葉で丁寧に対応することを徹底してまいります。(2018-08-07 実施中・実施済 )

( 子育て若者応援部 子ども家庭課 )