ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広聴 > 県民の生の声コーナー > 2018年 > 7月 > 少子化対策としてのレジャー施設と医療施設の充実について

更新日:2019年4月9日

ここから本文です。

少子化対策としてのレジャー施設と医療施設の充実について

ご意見

私は最上地域に住んでいますが、少子化対策のためにも、もっと子どもとその親が安心して楽しめる環境を作ってほしいと思います。特にレジャー施設と医療施設が充実していれば子育て世代の観光客の増加などが見込めると考えます。(2018-07-05)

県の取組状況

市町村では、地域の実情に合わせて親子で楽しめる施設を設置しております。例えば、最上地域では真室川町に「森林トロッコ列車」のある梅里園、金山町に木工教室などが楽しめる「こもれび館」、鮭川村にさまざまな体験メニューを楽しめる「鮭川エコパーク」などがあります。
さらには、新庄市の「わらすこ広場」や最上町の子育て支援センター「ひまわり」などにおいて遊具を設置し室内での遊びができるようになっております。詳しくは、各市町村にお問い合わせいただき、是非御活用いただきたいと思います。
今後とも、お子さまの健やかな成長のために、山形県で充実した子育てができるよう、市町村と連携して環境づくりを進めてまいります。
なお、子ども連れで遊びにいける場所等については、観光案内やパンフレット等に積極的に掲載していくようにしてまいります。
また、最上地域の医療施設の充実に向けては、現在進めている県立新庄病院の改築整備をはじめとして、引き続き良質かつ適切な医療を効率的に提供できますよう取り組んでまいります。(2019-03-29  その他)

( 子育て若者応援部 子育て支援課 健康福祉部 地域医療対策課 観光文化スポーツ部 観光立県推進課 )