ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広聴 > 県民の生の声コーナー > 2018年 > 7月 > 大災害発生時の支援金の処理等について

更新日:2018年8月7日

ここから本文です。

大災害発生時の支援金の処理等について

ご意見

西日本豪雨等の大災害発生時の支援金等の流れを円滑にすべきでないか。(2018-07-19)

県の取組状況

この度の豪雨災害のような大規模な災害が発生した場合、被災した方々の避難生活や被害からの立直りのため、義援金など経済的支援を円滑に届けることが重要です。今回の豪雨災害の発生に当っても、発災後まもなく、日本赤十字社などが中心となって被災者への支援のための全国的な義援金の受付けを開始しており、山形県でも本庁や各総合支庁に募金箱を設置するなど、協力しながら進めています。
日本赤十字社では、募金箱による受付けのほか、金融機関への振込みによる受付けも行っていますが、その際の手数料は無料となっています。
また、日本赤十字社では、寄せられた義援金の全額を被災した都道府県に設置された義援金配分委員会へ送金し、同委員会の適正な配分決定に基づき対象市町村を通して被災者に届けています。
県としては、今後とも日本赤十字社の活動に協力しながら、災害で被害にあわれた方々へ円滑に支援が届けられるよう努めてまいります。(2018-07-25 実施中・実施済)

( 健康福祉部 地域福祉推進課 )