ホーム > 県政情報 > 情報公開・広報・広聴 > 広聴 > 県民の生の声コーナー > 2018年 > 7月 > 県内小学校への早急な冷房の設置について

更新日:2018年8月3日

ここから本文です。

県内小学校への早急な冷房の設置について

ご意見

連日の暑さの中で、小学校に冷房がないという状況は児童・生徒と先生方にとってあまりに厳しい環境ではないかと思います。
県内のすべての小学校に、早急に冷房を設置していただきたいです。(2018-07-18)

県の取組状況

この夏は例年にない猛暑が長く続いており、熱中症が多発しているため、山形県でも注意を呼びかけてまいりました。
各学校においては、暑さ指数(WBGT)を測定するなどして熱中症の予防対策を講じるとともに、児童・生徒には水筒を持参し、こまめに水分補給を行うなどの指導を徹底しているところです。
そうした中で、エアコンで適切な温度管理ができる環境は必要であると認識しております。小学校の施設や設備の整備は、設置者である市町村において行うこととなりますが、小中学校でエアコンを整備する際には、国庫補助金が活用できます。県教育委員会においては、市町村が計画している空調設備事業の国庫補助採択に向けて、政府等への働きかけを行い、市町村の設置計画ができるだけ早く実現するよう支援してまいります。
県では、引き続き、市町村と連携し、児童・生徒がよりよい学習環境の中で学校生活を送ることができるよう努めてまいります。(2018-07-30 実施中・実施済)

( 教育庁 総務課、スポーツ保健課 )